ZOHOインボイスのユーザー登録


こんにちは。

前回までで、ZOHO CRMの見積書・請求書の機能について検証してきました。

これから、ZOHOインボイスというツールを使った場合の見積書・請求書を作成してみたいとおもいます。

前提として、ZOHOインボイスと連携するのには、ZOHO CRMがプロフェッショナルプラン以上である必要があります。

また、ZOHO CRMの見積書・請求書の機能を使うにも、どちらにしろZOHO CRMがプロフェッショナル以上である必要があるので、ZOHOインボイスは、ZOHO CRMの見積書・請求書の機能のオプションツールのような扱いになっているようです。
※ZOHO CRMの見積書・請求書を使わずCRMをスタンダード以下のままにして、ZOHOインボイスと連携する、ということができない。

さらに、ZOHOインボイスの無料プランは顧客数が5までなので、ほんとにお試しでしかありません。仕事に導入するには、ZOHOインボイスをスタンダードプラン以上にする必要があるでしょう。

  • ZOHO CRM…見積書・請求書機能は、プロフェッショナル(28800/年)以上
  • ZOHO CRM…ZOHOインボイス連携は、プロフェッショナル(28800/年)以上
  • ZOHOインボイス…顧客数6以上は、スタンダード(18000/年)以上

詳しくは、ZOHO CRMの機能一覧と、ZOHOインボイスの機能一覧をご覧ください。

それではまず、ZOHOインボイスへのユーザー登録を行います。
(ここでは、テストのため、無料プランへの申込です。)

ZOHOインボイス – ユーザー登録

1.ZOHOインボイスの機能一覧のページの「ユーザー登録(無料)」をクリックして登録を開始します。

0018インボイス登録

2.既に、ZOHO CRMや、ZOHOキャンペーンなどでログインしていると、下記のように「もうログインしているよ」とメッセージが出ますので「ACCESS ZOHO INVOICE」ボタンをクリックします。

0018インボイス登録1

3.登録画面がでますので、項目を入力していきます。

0018インボイス登録2

入力ができたら「完了しました」ボタンをクリックします。

0018インボイス登録3

次の処理へと進むダイアログがでます。

ここで注意:「国」を選ぶと、それ以下が自動設定されるのですが、最後の「言語」だけは未設定のままになっています。そのままで「完了しました」ボタンをクリックすると、先に進むダイアログがでるのに、その後何のエラーもでずに、ダイアログが終わってしまいます。次のステップへは進みません。
このトラップに引っかかって、数十分無駄にしました。気をつけてください。

4.税金の設定画面になります。(日本語の画面に変っています。)
消費税の設定をして「次へ」をクリック。これは後からでも設定できるようです。

0018インボイス登録4

5.決済サービスの設定画面になります。とりあえず「次へ」をクリック。

0018インボイス登録5

6.テンプレート選択画面になります。
とりあえず、2段目真ん中の日本語表記のものを選択します。「終了するにはクリックしてください」をクリック。

0018インボイス登録6

7.ZOHOインボイスのページにログインできました。

0018インボイス登録7

これで、ユーザー登録は完了です。簡単ですね。

次回は、ZOHOインボイスの連絡先とZOHO CRMの連絡先の同期をやってみたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です