ZOHO CRM取引履歴の管理


こんにちは。

お客さまとの過去にどんな取引(いつ、誰が、何を、いくらで、どうしたか)をしたかわからなくなって困ったり、社内で共有できていないと何かと不便ですよね。

よくCRMツールで顧客との取引履歴が管理できるとは言っても、どのように確認できるのか?はやってみないとわからず気になるものです。ZOHOでは、取引管理が解り易くカスタマイズもできるので、使い勝手はよさそうです。

今日は、お客さまとの取引をZOHOではどうやって管理しているのか、説明したいと思います。

ZOHO取引履歴の管理

まず、ZOHOでは、お客様との「取引」のことを「商談」といいます。
ここでいう商談とは、お客様が商品やサービスに興味をもって頂いて(契約の有無に関わらず)やり取りが発生した時点で取引(商談)が発生したとみなします。

前回の ZOHO顧客管理 で説明しましたが、ZOHOのお客さまのデータは「見込み客」「取引先」「連絡先」の3つのカテゴリがあります。
ZOHOで「取引(商談)」データを作成するには「取引先」に登録されている必要があります。

なので、「取引(商談)」を開始するお客様は「取引先」に登録されている必要があります。

前準備:「取引(商談)」を作成する。
  • 「見込み客」で登録されている場合は、「見込み客」→「取引先」に変換(ZOHO顧客管理)します。「見込み客」にも登録されていない場合には、新しく「取引先」に登録します。
  • お客様との「取引(商談)」を作成します。

前準備が終わったら、取引(商談)データをみてみましょう。
取引(商談)データをみるには、大きくわけて以下の3通りあります。

<取引先から取引履歴を見る>

  • 目的の取引先データを表示します。
    メニューの「取引先」をクリックして、見たい取引先名をクリックします。
    0003取引履歴1
  • 表示された取引先データの下の方に、いままでの「商談(取引)」データが表示されます。
    0003取引履歴2-3
    取引先のデータの中に表示されるので、とても解り易いです。

<商談のビューで取引履歴を見る>

  • 商談のビューを作成します。
    メニューの「商談」をクリックして、その下にカーソルを合わせて表示される「ビューの作成」のクリック。0003取引履歴3
  • 「ビュー名」を設定し「表示項目の選択」や「フィルター設定」で、表示したい項目と条件を設定し、保存をクリック。
    0003取引履歴4
  • メニューの下のリストから作成したビューを選択すると、指定した条件の商談(取引)が表示されます。
    (例:あいうえお株式会社の商談)
    0003取引履歴4-2

<レポートから取引履歴を見る>

  • メニューの「レポート」をクリックします。
    「未完了の商談」「種類ごとの商談」「確度別の進捗状況」など様々なレポートが選択できます。
    0003取引履歴5
  • レポートの保存、フィルターのオプション設定、カスタマイズ、新しくレポートを作成することもできるようです。
    ※この辺りは、後に突っ込んで検証してみたいと思います。
    0003取引履歴6

※ZOHOレポート(現時点では、英語サイト)とも連携できるようですが、こちらは未だ確認していません。こちらも、必要に応じて検証したいと思います。

ZOHO取引履歴 まとめ

以上、3つの方法でZOHOで簡単に取引の履歴を確認することができました。

取引先データには、商談(取引)データが付随して表示されるので、とても解り易いです。

さらに、ビューやリポートを使えば、さまざまは角度からリストにできるので、用途に合わせて応用が効きそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です