ZOHO CRMのメール一括送信


こんにちは。

昨日は「ZOHOキャンペーンのメール一括送信」を説明しました。
今日は「ZOHO CRMでのメール一括送信」を試してみたいと思います。

ZOHO CRMのメール一括送信

1.ZOHO CRMのメール一括送信は「見込み客」と「連絡先」に対して行えます。今回は「見込み客」をクリック。

0008CRM一括送信1

2.右端にの「見込み客ツール」ボタンをクリックし「見込み客への一括メール送信」をクリックします。

0008CRM一括送信2

3.一括メール送信画面で「メールテンプレート」を設定します。必要に応じて「新しいテンプレート」で新しくテンプレートを作成できます。ここでは「初回特典」テンプレートを選択します。

0008CRM一括送信4

4.「データ選択」タブをクリックして、メールを送るリストを選択します。
「カスタムビューの条件」を選択して、様々なビューを選択するか「手動の条件」を選択して、項目ごとに条件を設定することもできます。今回は「カスタムビューの条件」をチェックし「すべての見込み客」を選択します。
ビューのリストが表示されますので、見込み客名の左のチェックボックスをチェックして、全ての見込み客を選択します。
※任意の見込み客を選択することもできます。

リストができたら、送信ボタンを押します。
これで、一括送信されてしまうので、細心の注意を払いましょう。

0008CRM一括送信5

確認画面などは出ません。

5.メール送信したとのメッセージがでます。
なんだかあっけないですね。

0008CRM一括送信6

6.送信したメールごとのレポートなどは存在しないので、見込み客(もしくは連絡先)から確認します。メニューバーから「見込み客」をクリックし「太郎 山田」さんをクリックします。

0008CRM一括送信7

7.「太郎 山田」さんの顧客情報の下の方をスクロールすると、「メール」という項目があって、そこに送信したメールの記録が残されています。
あくまで「送った」という記録のみです。開封などの反応などは一切表示されません。

0008CRM一括送信8

また、さらに下の「キャンペーン」の項目に、ZOHOキャンペーンで作成したメールキャンペーンの情報が表示されています。顧客がキャンペーン側で作成した何のキャンペーンに登録されているのかが分かるようになっています。(ZOHOキャンペーンと連携していなければここはでてきません。)

以上で「ZOHO CRMでのメールの一括送信」ができました。

まとめ

ZOHO CRMでのメール一括送信は、非常に簡単な印象です。
ZOHOキャンペーンのメール一括送信と比べると、キャンペーンを作成することもなく、リストを選択して、メールを作ったら、あっさり送れちゃいます。
しかし、メールの開封率やクリック数など、メールの効果は全くみえません。なので、単なるおしらせメールなどにはよいかも知れません。

ZOHO CRM と ZOHOキャンペーンのメール一括送信 比較

ZOHO CRMでのメール一括送信

メリット:簡単。
デメリット:開封率、クリックなどの効果が不明。送信時間の指定できない。

ZOHOキャンペーンのメール一括送信

メリット:簡単。開封率、クリック等の効果が明確。
デメリット:メールのレビューが必要(数分〜数十分要)。

両ツールとも、無料プランの中で使用できる機能(※2015/11/10 追記・変更)なので、場合によって使い分けができます。
今後検証してゆく、自動メール送信(ステップメール)については、どちらのツールも、有料となってきますので、使用したい機能とコストとの兼ね合いでの選択となります。

2015/11/10 追記・変更:
ZOHO CRMのメール一括送信機能は、スタンダードプラン以上にしなければいけなくなったようです。(詳しくは、新しいZOHO CRM機能一覧を参照。)

この記事をアップした時点では、確か無料プランの範囲内だったと思うのですが。間違えていたらごめんなさい。

ZOHOキャンペーンのメール一括送信機能は、いまのところ無料プランの範囲内です。


ZOHOキャンペーンのメール一括送信


こんにちは。

営業活動において、顧客、もしくは未来にお客様になるかもしれない方へのフォローはとても大切な仕事ですね。しかし、いまの顧客との対応で忙しいと、まめに連絡をしたり、お客様の様子を伺うことはどうしても後回しになってしまいますよね。

そんなとき、一括でメールを送ったり、ある条件下で、メールを自動送信したり、いくつかの連続したメールを送る(ステップメール)ことにより、せっかく興味をもってくれたかもしれないお客様を放置してしまった汗!なんてことが避けられます。

ZOHOキャンペーンではこれらのことが、どんな風にできるのでしょうか。

前の投稿で、ZOHOキャンペーンの登録と、連絡先にZOHO CRMの顧客データを同期して、メールキャンペーンの前準備が整いました。

これから『メールキャンペーンの一括送信』『自動メール送信(ステップメール)』を検証していきます。

まず、この投稿では、『メールキャンペーンの一括送信』を検証します。

メールキャンペーンの一括送信

作業の流れとしては、メールキャンペーンを作成して、メールの一括送信を行います。最後にメールの送信レポートを確認します。

<メールキャンペーンの作成>

1.ZOHOキャンペーンのメニューバーから「メールキャンペーン」をクリックし、「メールキャンペーンの作成」(青字)をクリックします。

0006キャンペーン作成1

2.キャンペーンの基本情報を入力します。
紛らわしいですが、「名前」は、キャンペーンの名前で、「件名」は、メールの件名になります。
※詳細設定で、GoogleアナリティクスでキャンペーンURLへのアクセス状況が確認できるようです。こちらは後日検証したいです。
入力したら「内容の作成 >>」ボタンをクリック。

0006キャンペーン作成2

3.メールを作成します。
一から作成してもよいし、テンプレートから作成することもできます。今回は「テンプレート」をクリックして作成します。

0006キャンペーン作成3

4.テンプレートを作成したら「保存して終了」ボタンをクリック。

0006キャンペーン作成32

5.キャンペーンの内容を確認・設定します。
※ここでキャンペーンのテーマを選択できますが、今はデフォルトの設定のままにします。テーマにより、ヘッダー・フッターなどを変えられるようです。
確認したら「受信者 >>」ボタンをクリック。

0006キャンペーン作成4

6.連絡先のリストを選択して、「続ける >>」ボタンをクリック。

0006キャンペーン作成5

7.テストメールを送信します。
キャンペーンの内容が表示される右のサイドバーで、テストメールの送信ができます。送信先を選んで「テストメールの送信」ボタンをクリックしてテストメールを送信します。
送信先に指定したメアドにメールが届きますので、内容を確認しましょう。

0006キャンペーン作成7

8.メールキャンペーンのレビューを依頼します。

※ZOHOキャンペーンの法務担当部門でレビュー(検閲のようなもの?)してもらいます。ポップアップの説明には、迷惑メールや不正利用を避けるためとあります。このレビューが終わらないとメール送信ができません。「レビューを依頼」ボタンをクリックします。

0006キャンペーン作成6

9.レビュー結果を待ちます。
この間、キャンペーンの内容にはレビュー中ですのメッセージが出ています。もう一度言います。この間、メール送信はできません。
...待つことおよそ30分。承認メールが届きました。
#1日くらいかかったらどうしようかと、焦りました。

追記(2015/10/27):ステップメールの検証では、数分で承認されました。また、マニュアルには10分程とあります。

0006キャンペーン作成8

<メールの一括送信>

10.メールキャンペーンが承認されると、送信ができるようになります。すぐに送信することも、送信時間を指定することもできます。
今回は「すぐに送信」ボタンをクリック。

0006キャンペーン作成9

11.送信先のリストの確認画面がでます。
一斉にお客様にメールを送信するわけですから、最終確認をしてもらえるのはありがたいですね。送ってからしまった!リストを間違えた!はまずいですからね。ここは慎重に確認しましょう。
確認したら「キャンペーンの送信」ボタンをクリックします。
緊張の瞬間です。

0006キャンペーン作成10

12.送信が終わりました。今回は3件なので、一瞬でした。
モバイルでも確認できるよ、とメッセージが出ます。

0006キャンペーン作成11

<メール送信レポートの確認>

13.キャンペーンメールの送信状況が表示されます。
送信したメールの数と、送れたかどうか?の他に、
開封率、クリック率などが数字と棒グラフで確認できます。

0006キャンペーン作成12

14.右上のリロードボタンを押して確認すると、到達率、開封率が100%に変わりました。今回はURLなど設定してないので、クリック率は変らず。「時間ごとの開封状況」「地域ごとのメール開封状況」なども確認できます。
さらに「開封(重複を除く)」(青字)をクリックしてみます。

0006キャンペーン作成13

15.開封者のリストが表示され、誰が開封したのかが分かります。
このように、誰が開封して、誰がクリックして、誰が未開封なのかが分かります。

0006キャンペーン作成14-2

16.次に連絡先側からみてみます。
メニューバーから「連絡先」をクリックして、今回は「次郎 田中」さんをクリックします。

0006キャンペーン作成14

17.「次郎 田中」さんの情報が表示されます。
ブラウザや端末の情報に加え、開封したメール、開封率などが表示されます。

0006キャンペーン作成15

以上で、『メールキャンペーンの一括送信』ができました。

まとめ

お手軽に、メールの一括送信ができて、お客様がメールをみてくれたか?メールからキャンペーンページのURLをクリックしたのか?なども分かるので、メールを送った意義、効果も確認できます。
レポートもグラフを多用していて、視覚的にとても分かり易くなっていると思います。

また、連絡先からも開封率などが分かるので、たとえお客様から直接レスポンスがなくても、どの程度興味を示してくれているのかが分かり、とても便利だと思います。

次は、「自動メール送信(ステップメール)を検証したいと思います。